How we longed for heaven

ひたすら百合とTCGとEXVSを語る(笑)ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魂に火を点けろ!

『Reckless fire』

凶戦士ブレイズクロー4
ボルカニック・アロー2
ライラ・アイニー4
穿神兵ジェットドリル4
ブレードグレンオー・マックス4

冒険妖精ポレゴン4
スナイプ・モスキート4
ダンディ・ナスオ4
密林の総督ハックル・キリンソーヤ4
雪要塞ダルマンディ2

無頼勇騎タイガ4

超次元ゾーン無し

『解説』

《ジェットドリル》、《タイガ》という二大強力ウィニーの獲得で強化された所謂グレンソーヤ、赤緑速攻です

《ヴァルタイソン》型も3kill可能という強みがあるのですが、如何せん種である《マサト》やら《ブルース・ガー》が速攻向きのカードでは無い気がします

《マサト》は殴り手が増えない、《ショー》とのシナジーも公式戦でしか使えない、しかもその《ショー》はもうじきただの紙になるといった理由で使いづらく、《ブルース・ガー》はアタックするタイミングがシビアで殴ったら、殴ったで《ヴァルタイソン》に成りにくい、《薔薇》で溶ける等の弱点が目立つ気がします

といった理由で今回は安定感と出来るだけトップの強さを高めたグレンソーヤと言ったタイプにしてみました

赤は赤い《トリッパー》である《ジェットドリル》を中心に1コスでほぼデメリット無しのアタッカーである《ブレイズクロー》、相手のシステム突破用の《ボルカニック・アロー》、同型戦で強くて素で《ノーブル》を越えられるSAの《マックス》、実質デメリット無しの《薔薇》越えSAの《ライラ》を採用しています 

《マティーナ》、《隼》+《ドラヴィタ》見ての《ボルカニック・アロー》ですが前者と後者は共に数が減っているので、正直未確定枠です

緑は《ポレゴン》、《スナイプ》、《ナスオ》、《キリン》といった黒緑で使われる強力な基盤に加え《スクラッパー》、《タイガーグレンオー》、《ノーブル》等を見ての《ダルマンディ》の採用と特に言うことは無いです

そして赤緑で組む意義を見いだした《タイガ》、やはりこのカードの存在は大きいです

特に説明が必要な強さでは無いと思いますが、《薔薇》越えSA、2コスという軽さから1T《スナイプ》→2T《ナスオ》→効果で《タイガ》をマナに《スナイプ》ATで拾いながら、次のターンに《タイガ》をプレイできるのが強いんじゃないのか、と思います

調整すべき点は先程も述べましたが、《ボルカニック・アロー》の枚数は要調整なので、また調整したタイプを晒すかも知れません

スポンサーサイト
  1. 2011/03/18(金) 20:48:48|
  2. DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宗教的な理由で | ホーム | 現実逃避>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akagami0920.blog135.fc2.com/tb.php/48-ef71b66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。