How we longed for heaven

ひたすら百合とTCGとEXVSを語る(笑)ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カルバリア・ディスロアー!

『机上の空論は、ここで燃え尽きるのみだ。』

黙示賢者ソルハバキ2
光牙忍ハヤブサマル1
魔光王機デ・バウラ伯2
光牙王機ゼロカゲ1
不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー1

ローズ・キャッスル2
解体人形ジェニー4
超次元バイス・ホール4
ロスト・ソウル1

フェアリー・ライフ4
青銅の鎧4
母なる紋章1
超次元フェアリー・ホール3
ハッスル・キャッスル4

超次元ガード・ホール4
無頼聖者スカイソード2

超次元ゾーン

時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード2
時空の不滅ギャラクシー/撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー1
時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー1
時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート1 
時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン2
時空の支配者ディアボロスΖ/最凶の覚醒者デビル・ディアボロスΖ1

『解説』

ネクラディアボロス。やはり誰もが思い付くであろうこのタイプはデッキ間のシナジーが非常に強い

基本的には今までのネクラと同様にブーストからの《ハッスル》を張り、後はクリーチャーを展開して殴っていく動きで問題無いですが、防御札の《ハヤブサ》や《ハンゾウ》が軒並み殿堂入りし、《ガード・ホール》があるとは言え除去が薄いデッキなので常にボードには気を付けたいです

このデッキの具体的な勝ち筋は《支配者》+《パワード》×2でのフィニッシュですが、状況によっては《時空ギャラクシー》+《ギャラクシー》等の除去体制を生かしたビートダウンや《キル》+《ヤヌス》からの急襲など色々なパターンで攻めることが出来るので相手の除去が厳しくて《支配者》が通らない状況でも柔軟に攻めることが可能です

デッキの軸が《支配者》となったことで攻める事には言うことが無くなったネクラですが、上でも述べたようにその分守りは薄いし、相手の《支配者》を受けれるように《ハヤブサ》はもちろん《ゼロカゲ》も搭載しています

《ハンゾウ》を採用していない理由は火力範囲が微妙なので焼ける範囲が狭いのと、同型では相手の《支配者》を受けつつ、返しのターンで自分の《支配者》を覚醒させてボードをひっくり返すみたいな使い方が出来る分、《ゼロカゲ》の方が環境的に合ってると思っています

未確定枠としては不滅オロチメタの《ロスト》や繋ぎ役をこなしつつビートメタも出来る《スカイソード》や強力なカードではあるがデッキ的にそこまで必要性を感じない《紋章》などですね
スポンサーサイト
  1. 2011/03/30(水) 18:21:47|
  2. DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<琥珀流抜刀術…奥義! | ホーム | 眠れない夜はバトン安定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akagami0920.blog135.fc2.com/tb.php/53-7c5835db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。